版) とってもかりやすいと大好評!

            小学生の英語  English for children 

              (表紙)                        (裏表紙)     
 
  絵を見てわかる、聞いて、声に出して話して、英語が深く定着!
 

 ラクスタ小学生の英語の特長
 

小学生の英語テキスト(New)

【はじめに】
 本書は英語を学ぶ子供たちが、楽しく英語にふれ        My name is Popee.
様々な英語活動を通して、英語が大好
になって、また将来英語を自分の第2言語として自在に使える、つまり英語が話せるようになるには、どのように学ぶのが一番効果的なのかという視点から、小学生のうちに身に着けておくべき英語表現をコンパクトに一冊に編集したものです。2011年に初版印刷したものを、今般、より夢のある楽しい華やかなテキストに仕上げるべく、地元出身の画家上原結子先生にキャラクター描画をお願いし、またChloe Cotabishさん(同志社大学、From America)に発音ページやその動画作成にも協力をいただき2020年末に第2版を印刷しました。この1冊で小学生6年間の英語学習が完結していただけますように、よくわかる文法のまとめから、ゲーム、ダイアローグ、インタビュー、作文ワーク、パターン練習表、単語リストなど、6年にわたり様々な英語活動が楽しんでいただけるように、英検4級終了レベルまでの学習事項をコンパクトにまとめています。




1)小学生にわかる文のしくみ(文法)

(P45)現在進行形の文        (P67)疑問詞のまとめと文の作り方  (P72) 3単現のS


英語のしくみをしっかりと理解することは小学生にとっても、とても大切です。
子供だからといっても、英語の文法をわからないままでは、いつまでたっても自分の伝えたいことを、自由に表現する力が育ちません。文法と言うと小学生には難しく聞こえてしまいますが、英語文の仕組みを子供たちに教えてあげて下さい。英会話のほとんどは、質問とその答えで進んでいきます。文の仕組みがわかっていないと、Are you 〜?の文を習った後なら、Yes, I am. ばかりになり、Is this 〜?文の後ではYes, it is. ばかりになってしまっていることはありませんか?この本はご覧のように、見ただけで子供たちが、英語の文のしくみがよくわかるように書きあげたつもりです。進行形の文では、先に「〜ing」の形を「〜している状態」と教えると、とても簡単に理解が進みます。
また英語を自在に使えるようになるには、質問に答えるだけではなく、自分から英語で質問できる力をつけていただきたいです。例えば上のようにWH疑問文のしくみも、見るだけでよくわかるように書いています。





2.とっても可愛い〜キャラクター
(ポピーを始めとするメリータウンの仲間たちが英語の世界を案内します。)

  (P2)Greetings あいさつ                 (P46) going, coming   
?    (P104) 比較の表現

  (メリータウンの仲間たちの秘密・・・キャラたちはみんな森の精なんですよ。みんな体の一部が緑色をしていま
   す。これは仲間たちが困った時に助け合えるためのテレパシーなんですよ。)




3.ジャンル別英単語リスト (適材適所に配置)

例えばAre you 〜?の文の後には、当てはめて使いやすいように動物や仕事や反対語等を、進行形の文の後にはジェスチャゲームなどにも使えるように食べ物やスポーツ楽器を、またWhereを使った疑問文の後には場所も単語といった風に、ジャンル別英単語をまさに適材適所に配置しています。

この本一冊で「英単語集」も「小学生のための文法書」も「英会話ブック」も「英語ワーク」「発音とフォニックス」もすべて入っています。   例えば・・・


(P5) Animals           (P28)Food & Drinks        (P7)Working People
(P55)Sports and Playing       (P56)Wearings         (P54)Places and Nature






4.発音とフォニックスを新掲載

 ご存じのように英語の発音は日本語と随分違いますので、普通に学習しているだけでは、カタカナっぽい英語からなかなか抜け出すことができません。実際に日本人のカタカナっぽい英語発音に慣れていない外国人と話すと、簡単な英語を話しても、通じないので何度も聞き返されてしまいます。
 英語はたいていの文字がその発音を表していますので、
小学生のうちにフォニックスを通して発音をしっかり学ぶことで正しい発音を身につけると、発音を聞いただけで英語が書けるようにもなります。
 初版には発音は掲載していなかったのですが、本書ではそれぞれの発音を口の形から覚えていただけますように、ほとんどすべての発音の写真とイラストを掲載しています。
またそれぞれの発音の動画もご覧いただけます。これらを参考に何度も声に出して練習して、英語の発音を小学生のうちにしっかりと身につけていただきたいです。例えば・・・ 


 (P17) 子音の発音  Pb  td              (P18) 子音の発音  ck g                  (P76) 母音の発音「サイレントe」









5. さまざまなアクティビティーを掲載

 英語が「使える話せる」ようになるためには、実際に声に出して使ってみる体験を重ねることが大切です。一人で学習されているときは、誰かに話しかけている気持ちで声に出して練習して下さい。また実際に話しかけて様々な英語アクティビティを楽しんでいただきたいです。本書では、そのままクラスでも使っていただか増すように、ダイアローグ、インタビューリスト、作文ワーク、パターン練習表、ドラマ、替え歌、クイズ、など多岐にわたって掲載しています。例えば・・・


1.ダイアローグ
 先ずは全部の英文が宙で言えるように、練習して下さい。次はパートナーの目を見て、丸覚えではなく、意味を感じながら英文が話せるように何度も練習して下さい。一人で練習されるときは、一人二役を演じてください。

(P65) What time do you get up?                                  (P100)  Would you〜? Could you〜?



2.インタビューリスト

 英語でインタビュー(質問)をするのは、英語でのコミュニケーションをを通して相手のことをよく
 知ることができ、また
同じ表現を楽しみながら何度も使うので、その英語表現がしっかり定着しま
 す。大切なポイントは質問を耳で聞いて理解して、単語だけで答えないで、いつも文で答える練習を
 してください。


 (P59)いろいろな動詞の疑問文             (P64)どっちが好き?




3. 作文練習
  
 日本語から英文を作ることを(英作文)学ぶことはとても大切です。これによって
日本語
 を英語の語順のちがいがはっきりと理解でき、様々な表現の文を英語で話す基礎
ができま
 す。分かったつもりでいても、実際に作文してみることによって、いろいろなミステイク
 に気付くことができます。


(P12)A=Bの文              (P48)What Who Where      (P102) もし〜なら、・・・だ



4. 絵のイメージから英文を発表

 
例えば前置詞などは日本語訳ではなく、その言葉の持つ意味を 絵からのイメージで理解
 する方が良くわかります。例えば at なら(で、に、を)などと覚えるのではなく一点集
 中のイメージを次のようなイラストを見ながら発表することで、使えるようになります。
 絵やイラストはそのイメージを楽しく伝えてくれ、見ているだけでも楽しく、小学生の英
 語学習にはなくてはならない存在です。
 ※下の受け身の表現などは、絵を見ると本当にわかりやすく、2通りの言い方を練習して
 いただけます。

 
 英語文を隠して、絵から英文を考えながら言う練習を繰り返して下さい。


 (P81) 前置詞1 at  of                                                            (P83) 前置詞3 いろいろな前置詞


(P53)現在進行形 He is taking a bath.             (P107) 受け身の表現2






6. 40年にわたる英語指導ノウハウをこの一冊に!
  
    大げさな表現で恐縮ですが、このテキストはクロアッサンアカデミー塾長岸田が自塾で
    英語を教えるかたわら、地元の小学校で社会人英語講師として英語を教え始めたことを

    きっかけに、「生徒にわかりやすい・先生に使いやすい」テキ
  ストがあればと、英語指導者本人が現場で使いやすいように、長
    期間にわたりコツコツとエクセルを使って作った100パーセント
    手作りの小学生用英語テキストです。小学校の6年間使ってもら
    えるように、挨拶、Be動詞の文、発音、フォニックスなどから
    始まって、過去、未来、比較表現、受け身表現などに至るまで、
    この1冊108ページにちりばめてあります。





7.別紙QRコード表で簡単に動画でも英語学習。

  発音は口の形や発音の仕方を、正しく身につけることがとても大切ですので、動画を真
  似て何度も発音練習をしていただきたいです。別紙に下のようなQRコード表を載せてい
  ますので、これをスマホで読み込んでいただくと、簡単に動画をご覧いただけます。
  また発音以外のページにつきましても、CDからのラクスタ学習と合わせて、動画でも英
  語学習を楽しんでいただけますように、少しずつですが、動画を作ってまいります。




※例えば P8の「お元気ですか?お名前は」のQRコードは右の
通りなので、これにスマホQRコードリーダーをかざしていただくと、次の動画が開きますので、とても簡単に動画を見ながらも英語練習していただけます。










【挨拶と人と物の言い方】 P2・3
 ※まず初めに学ぶべきは、英文を始めるときにまず言わなければならない主語です。実際にI を言うときには自分の胸に手をあてて、話し相手を指して You 、話し相手の横にいる男の子を指して He 、横にいる女の子を指して She 、何か一つのものを指して it 、複数の物や横にいる人を指して they 、みんなで手をつないで We と大きな声にだして、手の動きで何を指しても言えるように、何回も練習しましょう。代名詞をしっかり覚えたら、 I am Ken. You are Kana. He is Riku. She is Sachi. と手を動かしながら文で表現できるように練習しましょう。

  


【フルーツ 動物】 P4・5
It is a fruit. It is yellow. It is a banana. I am a cat. You are a horse. などGuessing gameやジェスチャーゲームをしながら覚えてみてください。

    

【私の家族 働く人々】  P6・7
自分の家族の絵を描いて、My father is Takeshi. He is a teacher.などと絵を見せながら発表してください。また動物の時と同様にジェスチャーゲームを楽しんで下さい。最初はYou are a cook. Yes, I am a cook.でOKです。慣れて来たらAre you a fireman? Yes, I am.と練習して下さい。

    

【お元気ですか お名前は 彼は私の友達です】    P8.9
同じくジェスチャーゲームで Are you  sleepy?などと疑問文で聞く練習をしたり、名前や年を聞きあいしてください。紙に適年令を適当に書いて、引いたカードを発表しあうと楽しいです。また右のページでは実際に友達を紹介する練習をしてください。またA=Bの文が作れるようにして下さい。例えば「私のお母さんは先生です」 My mother is a teacher. 「それは私の本です」 It is my book.  Sushi is good. などと簡単なA=B表現の英文が作って発表して下さい。


    


【人と物の言い方/大丈夫?反対語】  p10.11
このBe動詞の文を、手の動きもつけてスラスラと言えるようになることがとても大切です。周りの人や物を言う練習をしてください。また反対語は体で表現しながら覚えましょう。 ここでは例えばお母さんが I am big.とジェスチャーすれば、お子さんはI am small. といった練習をしてみましょう。 
  

【A=Bの文作文練習・Phonics(フォニックス)】 p12.13
作文では英文を見ないで英語文が言えるように練習して下さい。ここでは絵を見ながら、CDでネイティブスピーカーの英語発音を真似て、それぞれのアルファベットが持つ発音をしっかり身につけましょう。動画でそれぞれの発音の口の形を真似ながら練習して下さい。絵ではなくそれぞれの文字が持つ発音を真似て下さい。

  



【アルファベット大文字・小文字の練習】  p14.15
動画を見ながら、アルファベットの発音を真似てください。また大文字小文字ともテキストを見ないでも、発音を声に出しながらスラスラ書けるようになれるように何度も練習して下さい。






【つづりと発音 母音・子音】  aiueo pb td p16.17
動画を何度も見て声に出して練習して下さい。また書く練習も発音を声に出しながら、見ないでも書けるようになるまで、ノートに何度も練習してください。ポイントは聞こえた発音が文字に書けるようになれるように、音と文字の関係を意識しながら書く練習を続けて下さい。







【つづりと発音 子音】 ckg fv sz p18.19





【つづりと発音 子音】 mn lr h p20.21






【つづりと発音 子音】 mn lr h p22.23







【つづりと発音まとめ 連続練習・数ナンバー】  p24.25

文字を見れば知らない単語でも発音できるようになること、また発音を聞けばそれなりに文字が書けるようになることがフォニックス学習の目的です。何度も文字を見ながら何度も聞いて真似て、正しい発音を身につけられるように、学習してください。
右のページではプライスカードに値段をつけて、お買い物ごっごを楽しんでいただきたいです。








【英語文の書き方、It's my cap、body 体の部分】  p24.25

右のページの代名詞の所有格の練習には、最初のI,You, He, She, It の代名詞の練習の時と同じように、必ず手で示しながら
My name is 〜. Your name is 〜. His name is 〜. Her name is 〜.と練習して下さい。家族の絵や友達の絵を描いて、発表するのも楽しいです。また写真を見て芸能人名前当てクイズなんかも楽しめます。





【食べ物・飲み物・自己紹介】food & Drinks, Self-introduction  p28.29

簡単な自己紹介がいつでもできるように、是非自己紹介発表をしてください。

  



【物・これは〜です。あれは〜です】Things・That's a UFO.   p30.31

ここではThis is 〜. That's〜. の表現を学びます。まずは部屋にあるものを指して、近くにあるものや、手に取って言うときはThis is 〜.離れたところにある物を指さして言うときはThat's 〜. と理解してください。 少し難しいですが、例えば可愛いワンちゃんを見つけたら、This is a cute dog. とThis dog is cute.の二通りの英語表現が言えるように練習してください。

  



【冠詞 a an the これは何ですか、 Whatの使い方】   p30.31
誰のものかを言う必要がない、数えられる物がひとつある時 a がつきます。「今言ったこれがその本です」という時はThis is the book.になります。右下のところは例えば友達やお父さんお母さんの一番好きな〜を予想して、書き入れましょう。そのあとでWhat's your favorite 〜? と聞いて、当たれば1ポイントです。
  


【この人はだれですか?その鉛筆はどこ? What Whereの使い方】 p34.35
お子様にWho's this? I don't know. No idea. I'm not sure. と言わせるような写真などを見せてあげて下さい。ゲームをするなら、お子様が遊んでいるときに、Knocking on the door があります。お子様は「どちらさん?」Who's there? と発話。It's Mom.と応答。Come in, please. とドアを開けると例えば動物が入ってきます(ジェスチャー)お子様はAre you an elephant? と当てればセーフ! Where の練習では、キャンディを隠してWhere's a candy? と言いながら探させたり、「ウォーリーを探せ」「のびたをさがせ」のような本で探しながらWhere's Nobita?。右下の絵の中に潜んでいるものを英語を使って探してください。パーマンやクレヨンしんちゃん、なみへいさんもいますよ。



    

【バス停はどこですか 3つの文の作り方 肯定文 疑問文 否定文】       p36.37
場所の英単語を覚えたら、外国人に道を聞かれたと想定して、役割練習してみましょう。また右のページでは前に覚えたA=Bの文をそれぞれ疑問文と否定文に直してみる練習をしましょう。例えば同じ絵にそれぞれ○?×をつけて、カルタ取りをしたり、それぞれの文を早く言うゲーム等を通して、それぞれの文のパターンをマスターしましょう。



 


【これは〜ですか あなたはアメリカ出身ですか Be動詞の文の疑問文】  P38.39
Is this 〜?の文を覚える、簡単かつ盛り上がるゲームの一つはWhat's this? と言いながら目をふたして何かを当てるゲーム。わかればIs this 〜?を使って当てます。もう一つのゲームはピクショナリーです。(picture と dictionary の合成語で、絵にかいて何かを当てるゲームです。絵を描く人は、しゃべってはいけません。見ている人は、何かわかれば早く Is this a lion? と聞いてYes, it is. と答えられたらOKです。先生がお題を出して、チーム戦にすると盛り上がります。


    


【世界の国 疑問文とその答え方のまとめ】p40.41
例えばWhere is Australia? It's here.と練習しましょう? Are you Kenji? Is this your book? Is he your father?とそれぞれの質問に対応した返答が、右のページの考え方でスラスラと答えられるように練習しましょう。


    


【A=Bの文 英作文 今何時ですか 今日のお天気は】p42.43
いずれの文も書き込めばOKでなく、本を見ないで3つの文が自在に言えるように練習してください。右ページのダイアローグは本を見ないで「寝ているところにお母さんが起こしにくる」役割練習を楽しんでみてください

    


【今日は何曜日 あなたの誕生日はいつですか 曜日と月の学習  「〜しています」の文 現在進行形】p44.45
今日の曜日や家族全員の誕生日が言えるように練習してください。 右の現在進行形の文はA=Bの文だと理解してください。つまり「私=ハッピーな状態」 I am happy.の文と「私=アイスクリームを食べている状態」 I am eating icecream.は同じ文であると理解してください。バナナやステーキやラーメンなどを食べるジェスチャーでAre you eating 〜?英語を使って習得しましょう。ジェスチャーゲームは誰でも盛り上がる楽しいゲームです。ジェスチャーする人がWhat am I doing?
と言ってからジェスチャーを始めて、見ている人はAre you skiing?と当てる、交代しながら楽しんで下さい。
  


【going と coming   English Drama "Peach Boy"  英語劇 桃太郎 】p46.47
自分から離れていくイメージがgo で何かが自分に近づいてくるのがcome と理解してください。おもちゃの車などを使って相手にIt's going to you. 相手はIt's coming to me. と発声してから、ミニカーを動かしてやるとイメージがつかみやすいです。右の桃太郎はgoing と coming の習得にもってこいの英語劇です。ぜひチャレンジしてください。「桃太郎さん 桃太郎さん」の替え歌、歌いやすいように英語バージョンにしています。27年度のクロアッサンアカデミー「らくすた英語発表会」第1位の英語劇桃太郎を掲載しておきますのでご覧ください。
  


【Who What Where 誰が 何している どこで 彼女は英語を教えています 現在進行形の英語作文練習】p48.49
「ゆきやこんこ」の替え歌英語バージョンを歌ってみてください♪ それぞれの英文が作れたら、本を見ないでスラスラ言えるように練習してください。ここでは楽しい作文ゲームで楽しみながら「誰が」「何する」「どこで」の英語文をつくる練習をしていただきたいです。Whoに使えそうないろいろなキャラクターや職業の絵や写真のカードとWhatに使う〜ing「〜している」動作のカードとWhereにつかういろいろな場所のカードを準備してください。Who What Whereの順にカードの山を作ります。先ずはwhoの山からカードをめくって、例えばA police manのカードが出たら、みんなでWhat is a police man doing?と尋ねてから、Whatの山をめくります。例えばSwimmingがでたら、みんなでWhere is a policeman swimming?と尋ねてからwhere の山のカードを引きます。もしin the mountainとでたら、みんなでimpossibleと叫びましょう。文字が書けるようになってきたら、ローマ字でもOKにして実際にみんなでカードを作って、同じゲームを楽しんでいただきたいです。
右のページでは、勉強の仕方はlisten→talk→read→write→thinkと手でそれぞれのジェスチャーをしながら覚えてください。
  


【動作をあらわす言葉 動詞1 命令文5つのパターン】p50.51
英語を隠して、絵から英文が言えるように練習してください。命令文では、Stand up. Don't stand up. Don't sit down. Sit down. Open your hands. Don't open your hands. Clap your hands. などと命令文を言い合って、動作をするだけで楽しいですね。
  


【動作を表す動詞2 take put give get make say use wash  現在進行形の英作文2】p52.53
take put give get は物などを動かすときに絶対必要な英語です。 犬のぬいぐるみなんかを使って、I'm taking a dog to the table. と言ってテーブルまで犬を連れて行って、テーブルに置くときに I'm putting a dog on the table.と言っておいて早jく帰ってきた人が勝ちみたいなゲームをして使い方を習得しましょう。
右のページでは、同じく絵だけを見て、英文がスラスラ言えるように練習してください。




【場所と自然の英語 スポーツや楽器 playするもの】p54.55
それぞれの英単語を覚えたら、「明日はどこに行って、何をするのか占ってみましょう」などと言って、それぞれのカードを裏向けて抽選で引かせると、ドキドキワクワク英語で楽しめます。質問はWhere are you going tomorrow? 例えばその答えは →I'm going to the restaurant.  さらに質問 What are you doing? →I'm playing the guitar. などと面白い組み合わせを楽しんでください

    

【身に着けるもの Wearings、家にある物 Things at home】p56.57
身に着けるものはHe is putting on a green T-shirt. He is putting on a red cap. 等と言って、お絵かきを楽しんでください。今スマホのフリーアプリで「着せ替え」がありますので、いろいろなものを英語を言いながら身に着けさせるのも良いと思います。右のthings at home はそれを使っているジェスチャーゲームが良いと思います。例えばAre you using chopsticks? →Yes, I am.



 


【あなたはラーメンが好きですか 一般動詞の文】p58.59
一番わかりやすい導入方法は。何かを手にもって例えば I have an apple. 相手はYou have an alpple. と対応します。次にそれを下に落として、手をひろげて I don't have an apple. 相手はOh, you don't have an apple. いろいろな物に持ち替えて、肯定文と否定文を習得させます。次にはDo you have 〜?や Do you like 〜?を使って、持ち物や食べ物の好みを聞きあう中で疑問文を習得しましょう。 右のページでは「相手がそれを好きか嫌いか、持っているか持っていないか」などを予測して○×をつけましょう。後で聞いてみて、当たっていればワンポイント。

    


【疑問詞What で聞く疑問文 あなたは何色が好きですか  some any many】p60.61
この疑問文がスラスラ言えないと英会話が続かないくらい大切な疑問文です。その作り方をここでしっかりとマスターしてください。このページも下のブランクに自分の「favorite」を書いたのち、相手の「一番好き」を予想して書いてください。これの予想が当たればワンポイント。相手の「好き」を聞く方法としては、前に既習済みのWhat's your favorite 〜?でも Do you like 〜?でもどちらでも使えるようにしてください。

    


【あなたは何人の兄弟がいるの 疑問詞 Howの使い方】p62.63
まずはコインやチップやカードなんかを手の中にたくさん持って、手を振って音を出して、Do you have coins?と当てさせた後、How many coins do you have? と聞かせ、Do you have 23 coins? 等と当てさせると良いですね。左のページの下は、いろいろな動物の写真などをもっておいて、動物あてクイズで疑問詞のまとめができます。まずはWhere do you live? →例えばI live in Africa.   What food do you like? → I like leaves of the trees.    What do you have?→ I have a long neck. I got it.  Are you a giraffe? といった風に疑問詞の使い方に慣れましょう。



    


【うどんとラーメンどっちが好き Which と Whose  あなたは何時に起きますか What time と 日常英語】p64.65
相手が好きかなと思う方に○をつけ終わったら、相手にWhich do you like, A or B?で質問しましょう。どちらが相手のことを多く当てらましたか?右のページはお母さん役と子供役を交代しながら、朝起きてから一日の行動を相手に命令しましょう。例えば Get up, Kenji.  Brush your teeth.  子供役はYes, mom.とお返事しましょう。 
    


【あなたの誕生日はいつですか? 疑問詞 When  疑問詞のまとめと英語文の作り方 誰が 何する どこで いつ】p66.67
前に一度やりましたが、ここでは、それぞれの祭日がいつかWhen を使って聞いて、書き入れてください。また右のページは今までに覚えた疑問詞のまとめです。疑問文の出だしに使いますので、思ったとたんにサッと聞けるように何度も練習してください。真ん中の表にあるように、聞かれた内容により、強調する箇所が変わってきますので、CDをよく聞いてイントネーションを習得してください。
  またここでは英語で作文ゲームをすると楽しいです。いろいろな方法がありますが、細長い紙を用意して、まずは主語 I と動詞の部分を書きます。動詞は、eat drink use play make に限定してください。 書いたらその部分を見えないように折って、次の人に渡します。 次の人は何が書いてあるかを見ないで、目的語(〜を、にあたる部分)を書きます。 また折って見えないようにして、次の人に回します。次は場所を書きます。前に習ったin on under by やat も使って書き入れます。英語はわからに部分はローマ字や日本語を使ってもOKとしましょう。終われば次に回して同様に、「いつ」にあたる部分を書きます。全部終わったら、「さあ運命の分かれ道」などと言って、一つ選ばせます。そして英語で質問をしていきます。先ずはWhat do you do? 紙を開いて I eat. なら次はWhat do you eat? と質問します。 同様にWhere do you eat 〜? When do you eat 〜? と聞いて、出来上がった英語作文を発表します。 例えば I eat a car in the kitchen in the morning. みたいなへんてこな作文を楽しんでください。


    


【部屋と文具 疑問詞総まとめインタビュー 】p68.69
右のページでは、質問を読むのでなく、実際に外国人と話しているつもりで、相手の目を見て質問して下さい。

    
小学生子供の英語と学習のヒント2へ


[戻る]