とってもかりやすいと大好評!

            小学生・子供の英語  English for children Book1&2
 
小学生子供の英語テキスト

   見ているだけで楽しいく、絵を見ただけでよくわかる!


小学生であっても、英語の文法をわからないままでは、いつまでたっても自分の伝えたいことを、自由に表現する力が育ちません。文法と言うと小学生には難しく聞こえてしまいます。文の仕組みを子供たちに教えてあげて下さい。
英会話のほとんどは、質問とその答えで進んでいきます。文の仕組みがわかっていないと、Are you 〜?の文を習ったあとなら、Yes, I am. ばかりになり、Is this 〜?文の後ではYes, it is. ばかりになってしまっていることはありませんか?この本はご覧のように、見ただけで子供たちが、英語の文のしくみがよくわかるように書いています。
また英語を自在に使えるようになるには、質問に答えるだけではなく、自分から英語で質問できる力をつけていただきたいです。例えば上のようにWH疑問文のしくみも、見るだけでよくわかるように書いています。




※例えばAre you 〜?の文の後には、当てはめて使いやすいように動物や仕事や反対語等を、進行形の文の後にはジェスチャゲームなどにも使えるように、食べ物やスポーツ、楽器といった風に、ジャンル別英単語を適材適所に配置しています。




 

この本一冊で「英単語集」「小学生のための文法書」「英会話ブック」「英語ワーク」もすべて入っています。



【English for Children Book 1  Greetings  小学生子供の英語 Book1 あいさつ】




【人と物の言い方・フルーツ・色】
※まず初めに学ぶべきは、英文を始めるときにまず言わなければならない主語です。実際にI を言うときには自分の胸に手をあてて、話し相手を指して You 、話し相手の横にいる男の子を指して He 、横にいる女の子を指して She 、何か一つのものを指して it 、複数の物や横にいる人を指して they 、みんなで手をつないで We と大きな声にだして、手の動きで何を指しても言えるように、何回も練習しましょう。
右のページのフルーツや色を言うときでも、It’s red, It's a banana.とできるだけ文で表現する習慣をつけてください。代名詞をしっかり覚えたら、 I am Ken. You are Kana. He is Riku. She is Sachi. と手を動かしながら文で表現できるように練習しましょう。




【動物 私の家族 人々】
I am a cat. You are a horse. などげジェスチャーゲームをしながら覚えてみてください。またMy father is Keita. My teacher is Ms. Tanaka. 等と練習して下さい。




【働く人々 お元気ですか お名前は】
同じくジェスチャーゲームで Are you a fireman?  Are you sleepy?などと疑問文で聞く練習をしてください。




【彼は私の友達です。人と物の言い方】
ここではA=Bの文が自分で作れるようにしましょう。例えば「私のお母さんは先生です」 My mother is a teacher. 「それは私の本です」 It is my book. と簡単なA=B表現の英文が作ってみてください。




【大丈夫?反対語 A=Bの文】
反対語は体で表現しながら覚えましょう。 ここでは例えばお母さんが I am big.とジェスチャーすれば、お子さんはI am small. といった練習をしてみましょう。 またA=Bの文のl作文を完成させてください。




【Phonics(フォニックス) それは私の帽子です。体の部分】
ここでは絵を見ながら、CDでネイティブスピーカーの英語発音を真似て、それぞれのアルファベットが持つ発音をしっかり身につけましょう。右のページでは例えば、お母さんとじゃんけんをして、勝った人が Touch your nose. と発声し、負けた人は自分の鼻をさわってMy nose. と発声すればセーフのようなゲームをするのも楽しいですね。




【家にあるもの あれはUFOだ】
ここではThis is 〜. That's〜. の表現をまずは部屋にあるものを指して、手に取って言うときはThis is 指さして言うときはThat's と理解してください。 特にThis is a big apple. とThis apple is big.の二通りの英語表現が言えるようになるように練習してください。




【冠詞 a an the   これは何ですか?What の使い方】
誰のものかを言う必要がない、数えられる物がひとつある時 a がつきます。「今言ったこれがその本です」という時はThis is the book.になります。右下のところは例えば友達やお父さんお母さんの一番好きな〜を予想して、書き入れましょう。そのあとでWhat's your favorite 〜? と聞いて、当たれば1ポイントです。



【この人はだれですか?その鉛筆はどこにありますか What Whereの使い方】
お子様にWho's this? I don't know. No idea. I'm not sure. と言わせるような写真などを見せてあげて下さい。ゲームをするなら、お子様が遊んでいるときに、Knocking on the door があります。お子様は「どちらさん?」1Who's there? と発話。It's Mom.と応答。Come in, please. とドアを開けると例えば動物が入ってきます(ジェスチャー)お子様はAre you an elephant? と当てればセーフ! Where の練習では、キャンディを隠してWhere's a candy? と言いながら探させたり、「ウォーリーを探せ」「のびたをさがせ」のような本で探しながらWhere's Nobita?。右下の絵の中に潜んでいるものを英語を使って探してください。パーマンやクレヨンしんちゃん、なみへいさんもいますよ。




【バス停はどこですか 3つの文の作り方 肯定文 疑問文 否定文】
場所の英単語を覚えたら、外国人に道を聞かれたと想定して、役割練習してみましょう。また右のページでは前に覚えたA=Bの文をそれぞれ疑問文と否定文に直してみる練習をしましょう。例えば同じ絵にそれぞれ○?×をつけて、カルタ取りをしたり、それぞれの文を早く言うゲーム等を通して、それぞれの文のパターンをマスターしましょう。




【これは〜ですか あなたはアメリカ出身ですか A=Bの文(Be動詞の文)の疑問文とその答え方】
Is this 〜?の文を覚える、簡単かつ盛り上がるゲームの一つはWhat's this? と言いながら目をふたして何かを当てるゲーム。わかればIs this 〜?を使って当てます。もう一つのゲームはピクショナリーです。(picture と dictionary の合成語で、絵にかいて何かを当てるゲームです。絵を描く人は、しゃべってはいけません。見ている人は、何かわかれば早く Is this a lion? と聞いてYes, it is. と答えられたらOKです。




【世界の国 疑問文とその答え方のまとめ】
例えばWhere is Australia? It's here.と練習しましょう? Are you Kenji? Is this your book? Is he your father?とそれぞれの質問に対応した返答が、右のページの考え方でスラスラと答えられるように練習しましょう。




【A=Bの文 英作文 今何時ですか 今日のお天気は】
いずれの文も書き込めばOKでなく、本を見ないで3つの文が自在に言えるように練習してください。右ページのダイアローグは本を見ないで「寝ているところにお母さんが起こしにくる」役割練習を楽しんでください。




【今日は何曜日 あなたの誕生日はいつですか 曜日と月の学習  「〜しています」の文 現在進行形】
今日の曜日や家族全員の誕生日が言えるように練習してください。 右の現座進行形の文はA=Bの文だと理解してください。つまり「私=ハッピーな状態」 I am happy.の文と「私=アイスクリームを食べている状態」 I am eating icecream.は同じ文であると理解してください。バナナやステーキやラーメンなどを食べるジェスチャーでAre you eating 〜?英語を使って習得しましょう。




【going と coming   English Drama "Peach Boy"  英語劇 桃太郎 】
自分から離れていくイメージがgo で何かが自分に近づいてくるのがcome と理解してください。おもちゃの車などを使って相手にIt's going to you. 相手はIt's coming to me. と発声してから、ミニカーを動かしてやるとイメージがつかみやすいです。右の桃太郎はgoing と coming の習得にもってこいの英語劇です。ぜひチャレンジしてください。「桃太郎さん 桃太郎さん」の替え歌、歌いやすいように英語バージョンにしています。27年度のクロアッサンアカデミー「らくすた英語発表会」第1位の英語劇桃太郎を掲載しておきますのでご覧ください。


ラクスタ英語発表会2016から第1位 英語劇「桃太郎」
Peach Boy(ラクスタ学習を始めて7か月、小学6年3年年長さんの発表、とっても素晴らしかったです。)
 




【Who What Where 誰が 何している どこで 彼女は英語を教えています 現在進行形の英語作文練習】
「ゆきやこんこ」の替え歌英語バージョンを歌ってみてください♪ それぞれの英文が作れたら、本を見ないでスラスラ言えるように練習してください。右のページでは勉強の仕方はlisten→talk→read→write→thinkと覚えてください。




【動作をあらわす言葉 動詞1 命令文5つのパターン】
英語を隠して、絵から英文が言えるように練習してください。命令文では、Stand up. Don't stand up. Don't sit down. Sit down. Open your hands. Don't open your hands. Clap your hands. などと命令文を言い合って、動作をするだけで楽しいですね。




【動作を表す動詞2 take put give get make say use wash  現在進行形の英作文2】
take put give get は物などを動かすときに絶対必要な英語です。 犬のぬいぐるみなんかを使って、I'm taking a dog to the table. と言ってテーブルまで犬を連れて行って、テーブルに置くときに I'm putting a dog on the table.と言っておいて早jく帰ってきた人が勝ちみたいなゲームをして使い方を習得しましょう。
右のページでは、同じく絵だけを見て、英文がスラスラ言えるように練習してください。



【場所と自然の英語 スポーツや楽器 playするもの】
それぞれの英単語を覚えたら、「明日はどこに行って、何をするのか占ってみましょう」などと言って、それぞれのカードを裏向けて抽選で引かせると、ドキドキワクワク英語で楽しめます。質問はWhere are you going tomorrow? 例えばその答えは →I'm going to the restaurant.  さらに質問 What are you doing? →I'm playing the guitar. などと面白い組み合わせを楽しんでください。 




【身に着けるもの Wearings、家にある物 Things at home】
身に着けるものはHe is putting on a green T-shirt. He is putting on a red cap. 等と言って、お絵かきを楽しんでください。今スマホのフリーアプリで「着せ替え」がありますので、いろいろなものを英語を言いながら身に着けさせるのも良いと思います。右のthings at home はそれを使っているジェスチャーゲームが良いと思います。例えばAre you using chopsticks? →Yes, I am.




【あなたはラーメンが好きですか 一般動詞の文】
一番わかりやすい導入方法は。何かを手にもって例えば I have an apple. 相手はYou have an alpple. と対応します。次にそれを下に落として、手をひろげて I don't have an apple. 相手はOh, you don't have an apple. いろいろな物に持ち替えて、肯定文と否定文を習得させます。次にはDo you have 〜?や Do you like 〜?を使って、持ち物や食べ物の好みを聞きあう中で疑問文を習得しましょう。 右のページでは「相手がそれを好きか嫌いか、持っているか持っていないか」などを予測して○×をつけましょう。後で聞いてみて、当たっていればワンポイント。




【疑問詞What で聞く疑問文 あなたは何色が好きですか  some any many】
この疑問文がスラスラ言えないと英会話が続かないくらい大切な疑問文です。その作り方をここでしっかりとマスターしてください。このページも下のブランクに自分の「favorite」を書いたのち、相手の「一番好き」を予想して書いてください。これの予想が当たればワンポイント。相手の「好き」を聞く方法としては、前に既習済みのWhat's your favorite 〜?でも Do you like 〜?でもどちらでも使えるようにしてください。




【あなたは何人の兄弟がいるの 疑問詞 Howの使い方】
まずはコインやチップやカードなんかを手の中にたくさん持って、手を振って音を出して、Do you have coins?と当てさせた後、How many coins do you have? と聞かせ、Do you have 23 coins? 等と当てさせると良いですね。左のページの下は、いろいろな動物の写真などをもっておいて、動物あてクイズで疑問詞のまとめができます。まずはWhere do you live? →例えばI live in Africa.   What food do you like? → I like leaves of the trees.    What do you have?→ I have a long neck. I got it.  Are you a giraffe? といった風に疑問詞の使い方に慣れましょう。




【うどんとラーメンどっちが好き Which と Whose  あなたは何時に起きますか What time と 日常英語】
相手が好きかなと思う方に○をつけ終わったら、相手にWhich do you like, A or B?で質問しましょう。どちらが相手のことを多く当てらましたか?右のページはお母さん役と子供役を交代しながら、朝起きてから一日の行動を相手に命令しましょう。例えば Get up, Kenji.  Brush your teeth.  子供役はYes, mom.とお返事しましょう。 




【あなたの誕生日はいつですか? 疑問詞 When  疑問詞のまとめと英語文の作り方 誰が 何する どこで いつ】
前に一度やりましたが、ここでは、それぞれの祭日がいつかWhen を使って聞いて、書き入れてください。また右のページは今までに覚えた疑問詞のまとめです。疑問文の出だしに使いますので、思ったとたんにサッと聞けるように何度も練習してください。真ん中の表にあるように、聞かれた内容により、強調する箇所が変わってきますので、CDをよく聞いてイントネーションを習得してください。
  またここでは英語で作文ゲームをすると楽しいです。いろいろな方法がありますが、細長い紙を用意して、まずは主語 I と動詞の部分を書きます。動詞は、eat drink use play make に限定してください。 書いたらその部分を見えないように折って、次の人に渡します。 次の人は何が書いてあるかを見ないで、目的語(〜を、にあたる部分)を書きます。 また折って見えないようにして、次の人に回します。次は場所を書きます。前に習ったin on under by やat も使って書き入れます。英語はわからに部分はローマ字や日本語を使ってもOKとしましょう。終われば次に回して同様に、「いつ」にあたる部分を書きます。全部終わったら、「さあ運命の分かれ道」などと言って、一つ選ばせます。そして英語で質問をしていきます。先ずはWhat do you do? 紙を開いて I eat. なら次はWhat do you eat? と質問します。 同様にWhere do you eat 〜? When do you eat 〜? と聞いて、出来上がった英語作文を発表します。 例えば I eat a car in the kitchen in the morning. みたいなへんてこな作文を楽しんでください。




【部屋と文具 疑問詞総まとめインタビュー 】
右のページでは、質問を読むのでなく、実際に外国人と話しているつもりで、相手の目を見て質問して下さい。




【私はピアノを聞くことができます。 助動詞 can 】
学年に合わせた漢字を見せて、 Can you read?  早くYes, I can. It's 〜.と答ええたら、ポイント。 また突然ですが、Eye sight checkと言って実際に少し離れさせてCan you see?  Yes, I can. It's left.と視力検査するのも楽しいです。 右のページではCan I have 〜? を使って、お店屋さんとお客さん交代しながら、お買い物ごっこやレストランごっこをして実際に使えるように練習してください。




【3人称・単数・現在の世界 彼女も英語が好きです】
導入としては、まず誰かに例えばリンゴを持たせて、I have an apple. と発話させます。次にみんなの方を向いて He has an apple. と言いリピートさせます。次にその子のリンゴを取り上げて、その子にI don't have an apple. と言わせます。みんなの方を向いてHe doesn't have an apple. と言いリピートさせます。これを持たせる人と、持つ物を変えて、みんなが自発的にhas doesn't have を使えるようになるまで続けます。同じくWhat food do you like? と聞いて I like sushi. と答えた後に、みんなの方を向いて、その子を示したらみんながShe likes sushi.と反応できるまで、またWhat food don't you like? と聞いて、みんなの方を向けば、He doesn't like green peppersと自然な対応ができるように練習してください。 疑問文を習得させるのに良いゲーム「友達のことどれだけ知ってるゲーム」を紹介します。紙を配り、「一番好きな食べ物」「嫌いな食べ物」「好きな生き物」「嫌いな生き物」「私のもっている宝物」「好きな芸能人」「好きなマンガ」など他の人に見えないように自分のことを書かせます。日本語でOKです。これを回収して「○○ちゃん当てクイズ」みたいにして、 例えばWhat food does Keiko like? またWhat food doesn't Keiko like? とみんなに質問して、当たればポイントにして、みんなが気軽に疑問文を使って、Does she like pizza? のように何度も発話させることがこのゲームのポイントです。




【3単現のS 3人称の文のパターン練習】
それぞれの文の肯定文、疑問文、否定文を簡単に作れる、自由に使いこなせることが大切です。英語の部分を隠して、左の絵だけをみて、3つの文がリズムよく言えるように練習してください。







【〜は〜の〜を・に〜のもの 代名詞】
導入としては、一番初めに I you he she it を覚えた時のように、手を自分の方に向けて to me 相手に向けてto you、隣の男子に向けてto him 女の子に手を向けてto her から始めて、雑誌などをめくりながら、I know him. I don't know her.と発話練習してください。 




【前置詞 at of with for from to】
of だけは日本語にはない表現なので、使い方を理解する必要があります。テキストの他に、たとえはペンのキャップを持って a cap of the pen 「ペンの一部であるキャップ」 、時計の針を指して hands of the clock. 箱のふたをさして a cover of the box と目に見えるもので使い方を習得してください。 The long hand of the clock is at twelve. The short one is at six. What time is it now? と聞いてみて下さい。 また同時に生徒の一人 one of the students 生徒の何人か some of the students のような表現も使えるように覚えてください。 




【前置詞3 つなぎの言葉 接続詞 and but or so because then 】
左の前置詞のページを絵だけをみて、そのイメージから、それぞれの英文がスラスラ言えるように練習してください。右の接続も同様に英語を見ないで、絵におイメージから英文が言えるように練習してください。




【いろいろな動詞3 頻度を表す副詞 いろいろな形容詞】
これらも絵でそれぞれの単語の持つイメージをつかんで、実際に使えるようになることを目標に口頭練習してください。




【パターン練習のまとめ1. A=Bの文 2. 一般動詞の文 3. 現在進行形の文   過去形(一般動詞の文)】
3つの文の使い分けがしっかりできるように、絵だけを見て、それぞれの文の肯定文、疑問文、否定文がスラスラ言えるように何度も練習してください。右は過去形の練習です。「今日は何をしたの?どこへ行ったの?誰と行ったの?」という過去形の質問は一番多く使われる疑問文かもしれませんね。ダイアローグを読むのではなくスラスラとロールプレイができるようになるまで何度も言う練習をしてください。、




【動詞の変化表 現在形 過去形  一般動詞の文 現在・過去・未来】
ここでの狙いは、すべての動作には「する前、しているとき、した後」があるということ。日本語なら例えば「これから食べます」「今食べています」「食べました」と語尾を変化させて簡単に言うことができます。英語でも同じです。」 I will eat. ( I'll eat.) I'm eating. I ate.とスラスラ言えるべきなのです。ところが日本の学校では中1で現在形と現在進行形、最後に過去形、中2で未来形と分けて習うため、どうしても関連がうまくつかめないことが多いようです。ここでの導入としては、まず I’ll go to the door. と言い、生徒には You'll go to the door. と反応させます。 次にドアに向かいながら、 I'm going to the door. 生徒は You are going to the door. ドアまで行って帰ってきてドアの方を指して I went to the door. 生徒は You went to the door.と反応。今度は右のページにあるように絵や写真を動かしながら、He will go to school.  He is going to school.  He went to school. 生徒に発話させます。慣れてきたら、ラケットやおもちゃのピアノなどを用意して、2チームに分かれて、レースにて、ラケットを振る前に "I'll play badminton. " 振りながら "I'm playing badminton. " 振り終わってから " I played badminton." ・・・・・・・子供たちは必死に3パタンをマスターしてしまいます。そして最後に現在形 "I go to school." や "I play tennis."はいつもの習慣を表すときにだけ使うことを、前の3つと区分して、理解させてあげて下さい。(重要) 簡単に言えば「これから何をするの」の質問に対する答えが"I'll play soccer. "で「今何をしているの」の答えが" I'm playing soccer. "で「何をしたの」の答えが" I played soccer. "で「いつも何をしているの」の答えが "I play tennis. "です。実は大人の方でも知らない方が多くおられます。




【Be動詞の変化 現在 過去 未来  「〜していた」 過去進行形】
Were you sleepy today? とか Where were you last night? How old were you last year? とかWhat will you be in the future?  Where will you be tomorrow? How old will you be next year? などBe動詞の過去形や未来の表現を使った質問や答え方を練習しましょう。
過去進行形はいつも英会話の初めによく使いますね。What were you doing this morning? I was watching TV. What TV program were you watching?  How was it? と毎回、質問や応答を練習してください。




【予定や未来の表現 be going to (〜するつもり、〜でしょう)  不定詞 〜すること 名詞的用法】
過去形の時と同様に、予定の話をするときに頻繁に使う英語表現ですので、What are you going to do this Sunday ?  Where are you going to visit? という風に  質問とその答えを口頭練習をしてください。
不定詞の名詞的用法「〜すること」の導入としては、次のような絵を使って、繰り返させたあと、Whichi do you like? と聞いて I like to 〜と答えさせる練習をすると、わかりやすいと思います。
また Where do you want to go this summer? What do you want to eat tonight? いつも使う練習をしてください。






【不定詞の副詞的用法〜するために、形容詞的用法〜するための】
Where diid you go ? と聞いて、例えば答えが I went to the convenience store. だったらWhy did you go there?と聞くと I went there to buy some bread. などと答えが聞けるはず。 形容詞的用法を使った文を発話させるには、例えば chopstics, phone, dictionary, washing machine, fork 等のカードを用意して、まずは、カードを見せないで、OK,this is some machine to wash clothes.  What's this? と聞いて、当てるゲームが良いです。次は他のカードを当に配って、順番にヒントを出題させるます。例えば This is something to check the words.  This is something to talk to your friends with.  This is something to eat Japanese food with. This is somethng to eat a steak with. などとヒントを言いやすいカードを用意するのがコツです。もし将来のことを考えて文法の説明をする必要があると思われた場合は、できるだけわかりやすく、例えばやさしい人、「やさしい」のように「人」(名詞)にかかる言葉が形容詞。やさしく話す、「やさしく」のように「話す」(動詞)にかかる言葉が副詞とわかりやすい例をいろいろあげて説明したあとで、「買うために」は「行く」にかかるから副詞的用法と言うよ。という風に中途半端ではなく、しっかりと説明してあげる必要があります。しかしかえってややこしくさせるなと感じられたら、「すること」「するために」「するために」の3つの使い方があるよ。という説明だけでも十分です。大切なことは3つの文をスラスラと使う力をつけてあげることです。




【助動詞 may (許可) must (義務) must not 〜(禁止) have to   don't have to   should 】
以前、高校生をアメリカ旅行に連れっていった時、「先生、May I 〜?だけ知ってたらなんでも聞けるね」と、興奮して話してたのを思い出しますが、May I 〜?と聞けば、とても丁寧なので表現なので気を悪くされることはない、正に万能な英語表現です。例えばコーヒーがほしかったら、"May I have coffee, please?"か"Could you give me coffee, please."でOKです。相手の名前を聞きたかったら同じく "May I have your name?" か "Could you tell me your name?"でOKrです。




【〜しましょうかShall I 〜? Shall we 〜? 〜していただけませんか(丁寧表現) Could you 〜?  Would you 〜?】
ダイアローグを練習するときは、最終的に意味を考えながらスラスラと相手の目を見て話せるようになるまで何度も練習してください。道案内は実際に外国人から道を聞かれることも多いですので、あわてないでしっかり案内できるように、何度も練習しておきましょう。 クロアッサンアカデミーの1昨年度のラクスタ英語発表会から第2位だった生徒さんの発表を掲載しておきます。当時小6小3の姉妹(当時、英語英会話学習歴1年半)による発表でした。






【文と文をつなぐ接続し when〜  if 〜  because 〜】
ゲームのなかで接続詞を使わせると良いです。例えば左側に形容詞のカードを積む、右側に動詞のカードを置くいて、簡単な作文ゲーム。例えば左をめくって"When I am sleepy,"右側のカードをめくり"I play the piano." またチームに分けてオセロゲーム風な作文ゲームにしても盛り上がります。黒板に表を書き左縦列のマスに形容詞や場所のカードをマグネットで止めて、上の横列に動詞のカードを貼る。チームごとに文を発表してその場所にチームごとに色分けしたマグネットを貼っていく。例えば"When I went to the sea, I brushed my teeth. みたいなへんてこな文ができて面白いです。ルールはオセロと同じですが、時々アタックチャンスっと言って、英語の質問に答えたチームが相手のマグネットをひっくり返せるようなルールを作っても、おもしろいです。




【接続詞のまとめ 比較の表現】
比較の導入で一番わかりやすく楽しめる方法は、動物コンテストをすると良いです。写真の方がリアリティがあってよいので、いろいろな動物の写真を用意します。 まずは写真を見せながら、 A horse is big. A bear is big. An elephant is big. A hippo is big.とやって、今度はホースとベアーの写真見せて手を広げながらWhich is bigger, a horse or a bear?  と聞いて子供たちの主観で決めさせる。負けた動物は裏返して、最後に残った動物を "An elephant is the biggest of all."とやる。 同様にtall, strong, fast, smart, cute などそれぞれの最上級を選んでいく中で、子供たちは比較表現をマスターします。すべてに通じることですが、文字から入れば簡単に理解させることができるのですが、その英語表現を自分の言葉として深く習得させるためには、子供たちに考えながら発話させることが非常に大切です。考えながら発した言葉は定着します。逆に文字から覚えた言葉は、実際に使わないとすぐに忘れてしまいます。

これで基礎表現が身に付いたら、今度は子供どうし "Who is the tallest in your family?"とか " Who is the fastest in your class?"など身近なことを聞き合いさせると、子供たちは「ああ、こういう風に使うのか」ということがわかりり、英語が使えるようになります。




【比較の表現2  受け身の表現】
ここでは雑誌などからいろいろな写真を切り抜き "Who is more beautiful?" "Who is the most handsom?"などと子供たちの美的感覚で楽しくコンテストをするのも楽しいです。 また大人でも楽しめる比較級のゲームは "Which is more important?"ゲーム、言ってみれば「価値観ランキング当てゲーム」です。
まず小さな紙に、例えば "music""a million yen""water""English" など、その人にとっての価値のあるものランキングをあてる材料を書き込みます。書いた紙は見えないように4つ折りくらいにして、真ん中に集めます。最初の人はその中から4枚紙を選び広げます。その中のランキングを書きます。他の人はその人にとって何が価値があるかを考えて、予想します。予想のランキングが当たればポイントです。全員が予想し終われば順番に予想ランキングと、なぜそう思うのかの理由を英語で説明していきます。この中で比較級、最上級を使う練習をします。例えば " I think the most important thing for her must be music, because she like playing the piano verymuch. She can't live without music. Then, the secont important thing for her is a million yen, because everyone likes money. Water is more important than English, I think. Because we can't live a life without water."という風に各自が自分の予想ランキングとその理由を英語で発表して、最後に本人が自分のつけたランキングとその理由を発表して、いくつ合っていたかを競うゲームです。4〜5人以内ですると本当に楽しく盛り上がります。 

 受け身の表現には過去分詞が登場します。過去と名前がついているので過去形とこんがらがる子供たちが多くいます。右のページにあるように happy な状態と同じく、eating なら「食べている状態」過去分詞の eaten なら「食べられている状態」を表す表現であることを初めにしっかりと理解させることが大切です。
例えば下のように "The cat is happy.""The cat is eating a fish." "A fish is eaten by the cat."の3つの文は同じA=Bの文であるので、=にあたるbe 動詞が絶対必要なことをわかりやすく説明してあげる必要があります。






【受け身の表現2】
絵だけをみて、2つの文がスラスラと表現できるようになるように、何度も練習してください。




【Exercise の答えとあとがき】


[戻る]