基礎英語のインプットアウトプットで本当に英語が話せる!
 

 「日本語→英語順に耳から聞いて考えて話す」を楽しことで深く定着させることができ、英語4技能をしっかり伸ばせ、英語が話せるようになります。
 
 中学3年分の基礎英語を、教科書の学習順に、文法の簡潔明瞭なまとめを中心に
 「わかりやすいさ」を一番のコンセプトに書き上げました。      岸田
 


英語を学んでいる子供たちに、英語を難しいと思わせてはプロ失格です! 難しい文法でも、進出事項に焦点を絞って、なるべく日常的によく使えそうな、なるべく簡単な例文で、既習事項と比較させながら教えると「あーなるほど、わかった〜」の声が返ってきます。そんなノウハウをこの一冊に完結明瞭に詰め込んでいます。 例えば、皆そうですが、中一のbe動詞の文で先ず最初に習うのはAre you〜? Yes, I am.の文です。これがあまりに印象的に定着するため、例えばIs your father a doctor?と聞いても、理屈が理解できていないとyourに引っ張られて、多くの子が Yes, I am.と返してきます。次のような一覧の中で、「あなたは?」だから「私はそうです」「あなたのお父さんは?」だから「彼はそうです」・・・「ああなるほど」と理解につながります。


◇例えば・・・全パターンを一覧で理解する

【Be動詞のパタン練習】


【Be動詞の文その答え方練習】


◇例えば・・・既習事項との比較
 
※例えば次の過去進行形は中学2年生で習いますが、比較すれば一目瞭然!

【過去進行形の文】
過去進行形の文



基礎英語の習得にあたって、それぞれの単語や文の持つ意味を絵で見ると、とても理解しやすくて頭の中に出来上がったイメージから、英語使うことができるようになります。この英語運用力を伸ばせるように、多くのイラストを取り入れて編集しています。わかりやすく、覚えやすいです。
例えば前置詞の at は一点集中のイメージを持っていることが理解できていれば、Look at me. Smile at me. I was surprised at the news.等の文はすぐに理解できますね。



◇例えば・・・絵のイメージから英文がスラスラ言えるように


【前置詞】
前置詞at over by


【受身の表現】
受け身の表現






かつて中学で英語を習っていた時(遠い昔のことですが、、、)Be動詞の文でも一般動詞の文でも、「だれが」「いつ」「どこで」「どうな風に」「何を」と、疑問詞を使って自由に質問するやり方がわかった時、謎が解けたように、とても進歩した感じがして、これをきっかけに英語が得意になった事を覚えています。学校の教科書に断片的に登場するのを、こんな風にまとめてあげると、とてもわかりやすいです。

◇2種類の疑問文



また中学3年生の一学期で、現在完了形は have+過去分詞、受身の文は be動詞+過去分詞と習います。それまでに現在進行形はbe動詞+動詞ingと習っていて、よほど聡明でなければ何が何だか分からなくなってしまいます。

本書ではこんな風に解説しています。


◇受動態/受け身の文(〜される、〜られるの文)








◇A=Bの文(Be動詞の文) 疑問文とその答え方

 
◇一般動詞の文(現在形) 三単現のS


 

◇Be動詞の文と一般動詞の文の区分・代名詞

 

◇前置詞(on, in, under, over, by, at, to, from, for, with, of, about)


 


◇疑問詞(what, who, where, when, how, whose, which, why) ・2種類の疑問文

 


◇命令文・Canの文

 



◇現在進行形(現在形と進行形の区分)

 


◇対話練習・itとoneの違い・日時の表現・tooとeitherの違い


 

◇There is 〜. There are 〜. 「〜がある、いる」の文


 

◇冠詞aとtheの違い・数や量の表現・someとany・過去形の文


 

◇過去形の疑問文、否定文 ・ 過去進行形の文


 

◇未来形の文・依頼の表現とその答え方・未来形の英作文


 

◇動詞の時制・助動詞など(can, could, will, must, may, shall, should, would等)


 

◇助動詞を使った文・不定詞(名詞的な用法、副詞的な用法)


 

◇不定詞(形容詞的な用法)・動名詞


 

◇接続詞・感嘆文


 

◇比較の文(比較級、最上級)・形容詞、副詞の変化表


 

◇現在完了形(継続、経験、完了)


 


◇受身の表現(受動態)・動詞の変化表


 

◇付加疑問文・名詞への修飾(後置修飾)


 

◇関係代名詞


 

◇関係代名詞が必要な英文の作り方・2文を1文に(間接疑問文)


 

◇so-that-, too-to-の文・itのいろいろな用法


 

◇いろいろな文型

 
  中学生の基礎英語 テキストのみ ダウンロード


  中学生の基礎英語 テキスト 1冊
 
中学生の英語テキスト1冊

  中学3年分の基礎英語を文法に沿ってわかりやすく (A4サイズ52P)
  中学生の基礎英語 テキスト 3冊セット

 
  中学生の基礎英語 テキスト5冊セット

  中学生の基礎英語 テキスト10冊セット