英語の先生の声
 


専門家の声
   英語の先生が太鼓判!


ラクスタ英語教材を推薦します。・・・勇気100倍 英語を勉強しよう!まさに「百聞は一見にしかず」です。

 

西寺 正先生

とにかく、自分に相応しいと思う教本を手に取ってください。ヘッドフォンでこの教材をたゆみなく聞き続ければ、今までの英語教材と異なり、きっと家族の中で安心して英語を勉強しているように進歩している自分を発見するはずです。



1)まず基礎レベルからの実践的で有益な話法が、絵柄を含めきわめてコンパクトに工夫された「教本テキスト」に驚くでしょう。
2)そして耳から入る自然な日本語と英語、しかも、快い変化に富んだバックミュージックのピアノ演奏に支えられつつ聞き入ります。
3)加えて、日本人の英語学習の壁を破る計算しつくされたデジタル的な構成なのに、アナログ的な懐かしさや親しみのある声があります。つまり飽きないのです。
 
このシリーズ全体を見渡すと、著者を軸に作成の皆さんの見事な「力合わせ」(Team Work)が徐々に見えてきます。
ですから、これらの不思議な力を感じて、英語の難しさの壁をなんとか乗り超えられそうです。

そして3週間を経たころ、世界の旅や日本の街角で英語を聞けば、あなたは「とっさに英語に反応する」自分/font>に気づくと思います。
 この教材がよほど優れていても、3日間の試聴だけでは「英語が自然と耳に入ってくる」ことはありませんが・・・

まず付属のMP330(高音質、超簡単操作)から流れ出る音に耳を傾けてください。
まさに勇気100倍!きっとあなたも、私が今書いている推薦文の続きを書きたくなるに違いありません。


大谷大学 教職支援センター 西寺 正


 



著名な言語学者で、英語指導法の権威である南カリフォルニア大学名誉教授のStephen Krashenは彼のinput理論の中で「人間の言語を習得する方法はただ一つで、メッセージを理解することによってのみ得られる。つまり理解可能な言語入力を受けることである。自然な順序に従って、現在の能力レベル i から少し超えたステージ i +1 のインプットを理解することによって、次のレベル i +1に移行していく。」と述べている。
つまり第二言語習得のためには以下のことが必要であると説いている。






 
吹田 順一 先生


理解可能な言語入力(Conprehensible Input)を受けること。
その言語をできるだけたくさんインプットすること
自然な順序に従って、やさしいものから少し負担をかけたレベル
i +1 にすること


ラクスタはまさにこの理論に沿った英語教材で、自然な順序に従って理解可能なレベルから少しずつ難易度をあげた i +1を取り入れた構成になっている。
mp3プレーヤーの携行性の高さにより、いつでもどこでも学習することができ、語学学習に必要な多聴(たくさんのインプット)が実践できるようになっている。また耳にとてもなじみのあるBGMのおかげで、単調さを避け、楽しくリラックスしながら学習が継続されるように工夫されている。語学学習にとって継続は大きな要である。他の英語教材と違って、ラクスタは単に聞き流すだけでなく、すぐに学習者が声に出してアウトプットできるようにポーズが設定されている。ネイティブスピーカーの後で、声に出してアウトプットすることにより、自然なイントネーションや発音が身に付き記憶が強化されていく。さらに、瞬時にアウトプットを繰り返すことで、英語回路が脳の中に形成され、自然に染みついた英語がスラスラ出てくるようになる。「ラクスタ」を学習することで、いつの間にか英語を英語のままで理解できる能力が身についてくる。

長年教育現場英語指導に関わった立場からみても、「らくすた」は最新理論に裏打ちされた非常に優れた英語教材であるということができる。


元公立学校英語担当教員 吹田 順一
 
天野由紀子 先生





まずラクスタ教材がさまざまな性格の学生に合ったことに驚きました。好奇心旺盛な学生は日本語の後のポーズに自ら答えようと集中します。のんびりな学生は、「落ち着いたピアノ演奏」と「読まれる速度」「ポーズの長さ」「真似るためのポーズ」が丁度良いようで、コツコツと語彙を増やしていきます。皆それぞれ興味の湧くポイントは違うようですが、行き着く先は定着です。そしてどの学生にも共通することは、語彙力がつくことで、何より本人が喜ぶということです。教科書や問題集に「ラクスタ」から学んだ単語が載っていると、嬉しそうに「知っている」と自発的になってくれます。喜びが次のステップにつながるのです。

また覚えた語は視覚よりも先に、耳からネイティブの声で定着しているので、学生の発するアクセントと発音を直す必要がなくなったことは、教える側からしても非常に大きな収穫です。

「らくすた」の使用を通して、学生は「喜びと自主性、実力」という利益を得ることができています。


プロ家庭教師 天野由紀子(英語・英会話指導歴 19年)
 
David & 美千代 ミラー先生



Kids Class at Miller School
 




私たちはラクスタを取り入れて英会話教室ををしています。
大人の方はコンパクトなMP3プレーヤーを電車に乗る時や、買い物に行くときにも携帯し、楽しんで英語に親しんでおられます。
その方の発音がみちがえるほどうまくなり、以前より自信を持って英語を話されるようになったことから、「らくすた」の学習法である「本物の英語を聴く」「言う」練習の効果の大きさを感じています。




子供たちのクラスは週1回ですが、英語の理解は深まってもなかなか英語を話す力が育ちませんでした。そこでラクスタの学習を取り入れ、子供が自宅で短い時間でもラクスタの学習を繰り返すように励ましました。
今ではたくさんの英文を覚え、発音もとてもきれいになってきました。
子供たちはこのことで自信を持ち「外国にいってみたい」とか、さらに上級の英検にチャレンジする意欲を持つようになりました。


ミラーイングリッシュアカデミー David &美千代 ミラー